金森歯科本院|岐阜県/大垣市/歯科/インプラント/入れ歯/義歯

〒503-0873
岐阜県大垣市南高橋町2-11-1
0120-78-2004 0584-78-2004

診療案内

モバイルサイト

TOPページ»  診療案内

一般歯科

af0150022845m

【C1】歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を起こし、腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

詳しくはこちら

歯周病

af0150022845m

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

詳しくはこちら

光殺菌(LAD)治療

光殺菌治療とは?

歯槽膿漏、根の治療など細菌が原因である病変に対して、細菌に感染した部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する治療法です。医科では肺や胃などの早期がんの治療法(光線力学療法)として使われていましたが、最近になり、歯科の殺菌治療法として普及されはじめています。

光殺菌治療の特徴
  • ① 痛みがありません
  • ② 副作用がなく、繰り返し治療ができます
  • ③ 機械・器具による治療では届かない場所も照射でき、治療の精度が高まります
  • ④ 抗生物質は不使用のため、耐性菌(薬が効かない菌)が発生しません
  • ⑤ すでに出来てしまった耐性菌も殺菌可能です
光殺菌治療の治療対象
・歯槽膿漏(歯周病) ・虫歯や虫歯に伴う根管治療 ・インプラント周囲炎
・歯冠周囲炎 ・アフタ(口内炎) ・ヘルペス
・扁平苔癬(へんぺいたいせん) ・真菌症 など
●通常の治療にプラスしてとどめの一撃!

通常の治療にプラスして光殺菌治療を行うことで、「とどめの一撃」としての殺菌効果に繋がります。
これまでの治療法では除去しきれなかった細菌を死滅させることができ、感染の再発防止に役立ちます。
※再発については個人差があります。

●予防にも有効!

予防としての治療に使われます。歯周病・インプラントの定期健診、矯正治療中のメンテナンスなどに有効です。

治療手順


① 感染源を除去する

歯根の中の掃除や、表面の歯石などの感染源を除去します。

② 光感受性ジェルを注入する

光感受性ジェルを粘膜に注入、または塗布することで、細菌の細胞壁や膜に取り込まれます。

③ 光殺菌する

10~30秒ほど光を照射します。光感受性ジェルがエネルギーを受け取り、活性酸素を大量に発生させ、細菌の細胞壁や膜だけを破壊し、殺菌します。

④ 洗浄する

光感受性ジェルや死滅した細菌を洗い流します。
 

【医療機器について】
医療機器

当院では光殺菌治療で世界をリードするCMS dental社のFotoSan®(フォトサン) 630という医療機器を使用しています。まだ日本では承認されていない機器ですが、当院では安全性と効果を確認の上、歯科医師の裁量のもと、導入しています。 詳しくは診療時にお尋ね下さい。
ジェル
光感受性ジェルFotoSan630®

光殺菌治療Q&A

Q.誰でも治療を受けられますか?
A.光過敏症(日光や紫外線などの光が当たると皮膚炎が起こる)の方は治療が受けられません。

Q.治療の痛みはありますか?
A.痛みはありません。若干、熱と振動が気になる程度で、数分で終了します。

Q.光感受性ジェルは味がしますか?
A.少々甘い味がします。

詳しくはお問い合わせください!!

インプラント

af9980015251m

永久歯が抜けてしまうと、二度と歯は生え変わりません。今までは歯が抜けると「入れ歯」を使用するか、ブリッジといわれる”かぶせもの”をするのが通常の方法でした。しかし「入れ歯」だと、うまく噛めない、言葉がうまく発音できない、使用している間にガタついて違和感を感じたりするなど、いろいろ不自由な場合がありました。

「インプラント治療」は耐久性、噛む力などにおいて、とても天然の歯に近く、“第二の永久歯”とも言われている新しい治療法です。歯が抜けた後の顎の骨に、人工歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。

顎関節症

af0150022947l

あごを動かす関節、筋肉、靱帯(じんたい)などに異常が見られ、あごを動かすと痛みがあり、関節部の雑音などの症状が起こります。
原因は不明な場合が多く、歯の噛み合わせの異常、外傷や歯の充填物の不適合、さらに精神的なストレスなどが考えられています。

20歳代の女性に多く見られます。長い間放っておくと、頭痛や肩こりなどの症状が出てくる場合もあるので、原因を見つけ、取り除くようにします。